‘100年後にアンティークになるものを’

私たちの手の中にあるのは儚い一瞬で
もし100年後に残ったときに
遠い昔の誰かが使っていたものとして、
蚤の市で出てくるようなものが作れたら
面白いな、と思い白磁に絵付けをしています。

それぞれの季節を精一杯育つ植物たちと、
逞しく生きる小さな生き物たちにも
優しい目を向けてもらえたら幸いです。

Blüte Painted Works
ブリュテ・ペインテッドワークス

2022.10.30 … しらいマルシェに出店しました

ブリュテでは白磁に草花や実を描く
小さな教室(ワークショップ&レッスン)をしています。
季節に合わせた作品を、少人数でゆっくりと作ります。

WORKS 2021

箱の中の小さな庭 K22金彩

~A Little Garden in the box~
草花の庭をイメージした、ジュエリーボックスをK22金彩でリニューアルしました。

WORKS 2020

春のアイテム

カップ咲のたっぷりとしたローズに、スミレやスズランなどの春の野の花も可愛らしくブーケにしました。

WORKS 2019

初夏のアイテム

ルピナス、ツリガネソウ、野バラ、スカビオサetc... 単色の濃淡で、初夏の草花や夏の景色を描きました。

WORKS 2019

春のアイテム

昔ながらの古典的な技法でスズランやクロッカス、ミモザに、忘れな草などを、たっぷり花束(ブーケ)にしました。

WORKS

Blute Painted Works

~ブリュテ・ペインテッドワークス~
今までに制作した作品一覧や、出店したイベントなどをご覧いただけます。

LESSONS

白磁絵付け教室ブリュテ


レッスン&ワークショップの情報はこちら。過去の作品もご覧いただけます。

Other

Letters From a Kitchen Garden

~キッチンガーデンからの手紙~
2020年の夏にはじめた小さな菜園の記録です。